大手町、神田 新橋 四谷 八丁堀 青山 首都圏どこでも相談、お問い合せ お客様の声 よくある質問 ご利用規約 会社概要

不動産ブログ2 (これ以前のブログはこちら2016年7/19~8/8)

8/15 物件は必ず下見しましょう
 不動産は高額物件です。必ず下見しておきましょう。と言われると「当たり前じゃないか」
と思うかも知れません。ところが最近は投資ブームで多くの方が不動産に手を出しています。
しかも最近手を出し始めた人と言うのは大半が素人です。付け焼刃の知識 プラス 本業で
忙しいと云うことも相まってなんと中身を見ないで購入を決めてしまう人がいるのです。
そしてそういう人間がいると、必ず騙そうと考える奴も現れます。
 以下は実際に聞いた話です。
AさんはテレビCMで見て不動産投資に興味を持ちました。
とは言えサラリーマンですから、時間を取るのが難しく、土日で投資学校へ通い、知識を
身に付けました。そして実際にインターネットで物件を当たったのです。此の人は結構度胸の
ある人で、高利回りの物件は東京で見つけるのは難しいと早くに決め、地方都市をあたって
いました。そうして見つけたのです。実質利回り12%の木造アパートを。
築15年。8戸の内7戸まで埋まっています。空き部屋1戸もその地方都市に住んでいる友人に
現地へ見に行って貰った結果、特に問題なしとのこと。
それで購入を決め、融資も無事ついて晴れて自分のものとなったのですが、オーナーチェンジを
決めた途端に2戸が相次いで出て行ってしまったのです。
何故だ?調査したところ、この立地は何故かとても湿気が多く、黴が酷いんですね。
空いていた部屋はリフォームしたばかり。出て行った2部屋は黴御殿で人が住んでいたとは
とても思えない。そういう場所って確かにあるんです。
恐らく出て行った2軒は、元オーナーに頼まれて形だけ家賃を払い、戻して貰っていたと考えた
Aさんは直ぐに裁判を起こしたそうですが、元オーナーは湿気が多いことは認めたものの、
実際に人が住んでいたと主張しているそうです。そして残る5戸は今でも人が住んでいる訳です
から元オーナーに勝てるのか。埋めないことには12%では回りません。CFが赤になって
しまいます。
さてどうなることやら。やはり高利回りの処はその原因を確かめ、納得したうえで買いましょう。

8/24 マイナス金利の影響
 EUがマイナス金利を導入したもんですから、日銀もそれではとばかり導入してしまいました
がその後の評判は悪いようです。先ず株式市場において銀行株が急落。そして長期金利まで
が下落。これは日銀は予想してなかったようです。
都市銀行はあまりなりふり構わずということは出来ないようですが、地銀は競って少額の無担保
有志に積極的になっています。それだけではありません。不動産融資も活気づいてきました。
過去に融資を実施した客を優先的に貸し出しを行っているようです。
となると益々市場から物件が消えていき、不動産バブルを助長しています。
地方銀行となるとその地域の物件でないと融資してくれませんので、千葉銀とか横浜銀が狙い
目なのでしょうか。ただ、支店を構えている地方都市は融資してくれますので地方在住者が自分
のメインバンクから首都圏の融資を貰うことは可能です
また1%以下と言う金利も当たり前に出ており、中にはこれまで融資をしてくれなかった違法建
築物(高さ制限や容積率を超えているもの)にまで融資が付くようになってきました。以前から
大阪の銀行はその辺が緩かったのですが全国規模になって来たようです。
 ただ、金利が下がったことで固定金利で借りていた人が解約をしてしまうと多額の違約金を
支払わなければならなくなりますのでご注意ください。

8/29 東京都足立区の空き家対策
 世の中マンションの空室率も増えていますが、一戸建ての空き家問題も深刻になりつつ
あります。よくテレビが取り上げていますが、誰も棲まないと家が傷む為、外壁が滑落して
きたり、猫の住処になっていたり、最悪の場合は浮浪者が住んでいることもあります。
そうなると臭気や火事の問題も発生してきます。
何故空き家が放置されるのか。それは一つは取り壊しに金が掛かる事。もう一つは更地に
してしまうと固定資産税が大きくなること の2点です
そこで東京都足立区が考えたのは、区が危険と判断した物件については、持ち主に対し
解体費用の90%(上限100万円)を区が負担する制度。
これによって解体が結構進んでいるようです。しかし実際にはこのような事で解体できるのは
予算的に年間10軒程度。まだまだ足りません。
それなら税金など使わずに、条例を作って強制執行で解体してしまえばいいではないか と
云うご意見もあるようです。しかし実際にそう云うことをやると、解体費用が100万を超える
ことが多く、更に持ち主との裁判になりその解体費用を回収するのがかなり難しいのだ
そうです。そこで足立区が選んだのが円満解決策。これであればかなりの持ち主が納得して
解体に応じてくれるとの事。しかし自治体任せでなく、全国的には国としての強制力がやはり
必要で根本的な法整備をしなくてはなりません。
そうなってくると個人の財産権など、憲法の根本的な見直しも必至となってきます。

■定例会議とは

   少なくとも4回以上、決まった日時に続けて開催する会合を指します。 

   決まった日時とは、

   ・毎週月曜の9:00~12:00
   ・毎月第三木曜の19:00~21:00

   のように曜日と時間帯で規定していただきます。

   4回以上のご利用であっても、曜日と日時が規定できないものはスポット会議としての
   料金を頂戴いたします。スポット会議の料金表はこちらです